買い変えたばかりの枕は合わないので使用方法を予習しておくべき

自分の姿勢に合わせた枕を選ぶ(ということの大切さについてお話ししましたが、自分に合った枕を使っても、肩こりがよくなるどころか、体調が悪くなってしまったというようなケースもあります。

買い変えたばかりの枕は合わないので使用方法を予習しておくべき

好転反応などもあると思うんですが、改善されない場合は正しい姿勢で寝れていないということも原因かもしれません。いつもは横向きで寝ている人も、こういう枕を使う事によって仰向けで寝ようとしたりする方がいたりするんですが、いつもと寝方が違うと寝れないのは普通だと思いますので、枕を使うから寝る体勢を変えるのではなく、正しい枕を使って心地よい眠りを味わうのが一番です。

猫背の方なども、合う枕合わない枕があると思います。枕自体必要ないという方もいらっしゃるぐらいなのですが、度いういう枕が自分に合うかわからないという場合は、特許取得の医師が開発した枕などもいいかもしれません。

使い慣れていない枕で寝ると症状が悪化するということもあります。慣れるまでに時間がかかるということもあるのですが、頚椎の形に合わせた枕を使えば、きっと改善されるはずですので、オーダーメイドでの枕の注文などもいいかもしれません。

素材なども選べるようですが、フィット感も大切ですので、ゆっくりと選んだほうがいいと思います。枕専門店等で枕に頭を実際に当ててもらってそのときの感触を確かめてほしいのですが、「人目が気になるのでちょっと・・・」と思われる人もいるかと思います。

しかし、枕は本当に自分にあったものを選ばなければ良い睡眠は生まれないと思いますので、枕探しを真剣にしたいのであれば、是非とも実物に自分の頭・首・肩を当ててみてフィット感を自分の肌で確認するようにしてください。

上質な枕も使い方を誤れば宝の持ち腐れとなる

いくら値段の高い上質な枕を購入したとしても、その使用方法を誤ってしまうとその能力をフルに発揮させることができません。なのでこのサイトではそういったことが無いように枕に関する正しい情報をご案内していきます。


Copyright© 2013年9月26日 上質な枕も使い方を誤れば宝の持ち腐れとなる
http://www.mundialcocinamestiza.com All Rights Reserved.