Archive for the ‘枕の使い方について’ Category

「枕の専門外来」があるくらいなのでやはり睡眠において枕は重要な要素

2015-06-22

最近は枕の専門外来もあるようなんですが、みなさんは寝心地のいい枕を使っていますか?

どんなに寝心地がいいと感じる枕でも、肩凝りや寝違えをしてしまう事があると思うんですが、こういう事が頻繁にあるという方は、高さや素材などもちょっと見直してみてはいかがでしょうか。

●変形性脊椎症
●頚椎椎間板ヘルニア
●不眠
●むちうち症
●四十肩や五十肩
●肩凝り

以上のような症状がある場合は、枕を変えてみる必要があると思いますので、是非お近くに専門外来があれば行ってみるといいでしょう。

最近はネット上にいろんな情報がありますから、自分で調べていただければ、いい枕を探す事ができると思うんですが、より良い眠りが疲労を回復させてくれますので、「もしかしたら枕のせいで疲れが取れないのかもしれない」と感じる事があれば、柔軟性のある形状記憶型の枕に変えてみるのもいいんじゃないでしょうか。

男性と女性では枕のベストな高さが違います。

リラックスできる枕が欲しいという方も、是非肩凝りなどを改善してくれる最高の枕を見つけてください。

何がいいのかよくわからない・・という方は、百貨店などで枕の種類や説明書きなども読みながら選んでみるといいと思います。

枕の選び方や今使っている物の使い方を工夫することで睡眠が大きく変わる

2015-06-16

老化現象で頚椎が変形してしまうというような事もあるようですが、首を動かすと痛いというような時に肩凝りかな?と判断してしまうのはよくありませんね。

中高年以降の方に多いらしいんですが、寝方に問題があったり枕が原因だったりする事もあるようなので、正しい枕の選び方・使い方を知っておいた方がいいんじゃないでしょうか。

小さめの硬い枕を使っている方も、頭だけ乗せているという状態であれば、身体の筋肉が使われている事になりますので、肩を乗せるぐらいの大きさのものを使った方がいいと思います。

あまり大きすぎるのも良くないらしいんですが、後頭部の辺りがへこんでいる形の物などは、頚椎が変形している方にはお勧めできないらしいです。

枕が首を圧迫してしまうということが考えられるのですが、何も問題がない方にはきちんと後頭部がフィットする枕でもいい眠りに付く事ができます。

神経根を痛めてしまうと、なかなか治りにくいらしいので、寝方を変えていい体勢で寝れるようにしてみる事も大切です。

仰向けの場合は、ちょっとあごを引くぐらいが正しい体勢だと言われていますが、試してみてはいかがでしょうか。

羽根の枕などは頭が低くなりすぎたりしますので、高さはきちんと調整するようにしてみましょう。

日常的に起こる頭痛の原因は睡眠時の首への負担があるようなので枕は大事

2015-06-11

片頭痛が続いてしまっている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

寝れば治るだろうと思っていたのになかなか良くならない・・というような場合は、ちょっと考えてみた方がいいと思います。

薬を飲んで痛みを和らげるのも悪くはないのですが、寝ても治らないというのは、枕が合わないということも考えられるらしいので、薬を飲まずに片頭痛を改善したいと思うのであれば、整形外科医がオススメする枕などを使ってみるのもいいと思います。

首の形にしっかり合うものを選ぶ事が大事なんですが、頭痛を引き起こしているのは首の神経や骨だったりするので、まずは枕を変えてみる事も検討してみた方がいいかもしれません。

仰向けの状態で、枕をせずに寝てしまうとあごが出てしまうと思うんですが、その状態だと口呼吸になってしまう事も考えられますし、明らかに首に負担がかかってしまいますよね。

頚椎という部分に負担がかかってしまうと頭痛を引き起こしてしまいますから、枕を変えるだけで改善される可能性が高いと思います。

身体の痛みなども、寝具類が合っていない場合もありますから、身体をしっかりと休めてくれるものを使う事が重要となります。

いい体勢で寝れないという方は不眠といいう状態になっているはずなんですが、環境が変わればいい睡眠が取れるようになるのでまずは試してみて下さい。

枕の選び方はとても重要だがそのことを知らない人がとても多い

2013-09-26

首の痛み、肩こり、偏頭痛や頚椎ヘルニアなどに最適な枕があるらしいですね。

こういう枕があるという事は、枕のせいで身体に負担がかかっているという事がいえるのですが、貴方はこういった症状で悩まされたりしていませんか?

ちょっとした体験談になりますが、頚椎を保護してくれる枕を利用したことがありますか?

首の痛みなどにいいという枕を利用する事によって、深いな痛みが改善するというのは本当です。

最近は整形外科の医師なども、肩こりや頚椎症などに悩む患者に対し、枕の使い方を教えたりしているようです。

枕の選び方を知らない方も多いと思うんですが、頚椎を圧迫するような枕は色んな不調を引き起こしますので、気をつけてください。

ストレートネックなどが原因で、首が痛いという方もいらっしゃいますが、低反発枕などが合っている人、それがダメな人などもいるようなので、自分の姿勢や体型に合った物を選ぶのが一番だと思います。

私個人としては、首こりを改善するために頚椎保護を謳う枕を利用したのですが、高さ調節ができるという事で体調を見ながら高さを選べるので、背中のこりにもいいような気がしています。

ハードタイプとソフトタイプがあるので、使い分けるという感じでもいいと思うので、興味がある方は試してみるといいでしょう。

「枕の専門外来」があるくらいなのでやはり睡眠において枕は重要な要素

最近は枕の専門外来もあるようなんですが、みなさんは寝心地のいい枕を使っていますか?


Copyright© 2015年6月22日 上質な枕も使い方を誤れば宝の持ち腐れとなる
http://www.mundialcocinamestiza.com All Rights Reserved.