枕の選び方や今使っている物の使い方を工夫することで睡眠が大きく変わる

2015-06-16

老化現象で頚椎が変形してしまうというような事もあるようですが、首を動かすと痛いというような時に肩凝りかな?と判断してしまうのはよくありませんね。

中高年以降の方に多いらしいんですが、寝方に問題があったり枕が原因だったりする事もあるようなので、正しい枕の選び方・使い方を知っておいた方がいいんじゃないでしょうか。

小さめの硬い枕を使っている方も、頭だけ乗せているという状態であれば、身体の筋肉が使われている事になりますので、肩を乗せるぐらいの大きさのものを使った方がいいと思います。

あまり大きすぎるのも良くないらしいんですが、後頭部の辺りがへこんでいる形の物などは、頚椎が変形している方にはお勧めできないらしいです。

枕が首を圧迫してしまうということが考えられるのですが、何も問題がない方にはきちんと後頭部がフィットする枕でもいい眠りに付く事ができます。

神経根を痛めてしまうと、なかなか治りにくいらしいので、寝方を変えていい体勢で寝れるようにしてみる事も大切です。

仰向けの場合は、ちょっとあごを引くぐらいが正しい体勢だと言われていますが、試してみてはいかがでしょうか。

羽根の枕などは頭が低くなりすぎたりしますので、高さはきちんと調整するようにしてみましょう。

枕の選び方や今使っている物の使い方を工夫することで睡眠が大きく変わる

老化現象で頚椎が変形してしまうというような事もあるようですが、首を動かすと痛いというような時に肩凝りかな?と判断してしまうのはよくありませんね


Copyright© 2015年6月16日 上質な枕も使い方を誤れば宝の持ち腐れとなる
http://www.mundialcocinamestiza.com All Rights Reserved.